常翔啓光学園中学校・高等学校 軽音楽部

525534
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

8月19日(土) - いちごミルク

2017/08/19 (Sat) 22:48:18

○準決勝
今まで表情表情、と表情を考えて作って来ました。しかし、ゆうゆう先生に、貴方はいつもの方が表現豊かだね、と言われたように、私は考えて表情を作るのが苦手です。ですので、やはり気持ちが1番大事だと私は今日改めて思いました。悲しければ自然に悲しい顔をしていますし、嬉しい時は自然に凄い笑顔になっています。それを演奏に出すためには、やはりけちゃ先輩も言っていたように、勝ちに貪欲に。絶対にグランプリに行く、という気持ちをもっと高め、演奏をします。この前レギュラーバンドのことをBBSに書きましたが、今はレギュラーバンドよりもっとSAでどうしたら勝てるかを考えなければなりません。本番前日に出来ることは限られていますが、鏡の前でもう一度気持ちと共に表情を作り、ゆうゆう先生が言っていたように、良い演奏をしているイメージをしながら寝ます。今日の放課後喉がとても痛くなりました。明日のために喉を守りながら寝ます。けちゃ先輩の歌い方に近付け、大きな声で歌います。

Re: 8月19日(土) - ほくほく

2017/08/19 (Sat) 22:59:10

・SA
今までの自分だったら絶対に発言していないだろうな、妥協しているだろうなと思うことも全て、動きや表現についてメンバーに伝えました。今までの私は思っていることをあまり伝えず、自分の中で勝手に解決させてしまうところがありましたが、SAを通して発言できるようになりました。少し成長できたのかなと感じます。演奏では必ず勝ちに行くという気持ちを大切に、気持ちを込めて演奏します。今までの努力や頑張りを無駄になんてしません。必ず会場で常翔啓光学園軽音楽部の事を誇れるような演奏をします。

Re: 8月19日(土) - A.K

2017/08/19 (Sat) 23:04:35

けちゃ先輩の・・・

修正しました。

8月19日(土) - Yama

2017/08/19 (Sat) 21:38:37

・気持ち
正直後悔しかありません。「もう1日準決勝の日が遅かったら」、「あと1日練習できる日があったら」と考えて「今日1日自分は何をしてたんや」と自己嫌悪に陥りましたが過去を悔やみ後ろばかり見ていても過ぎた時間は返ってきません。気持ちを切り替えて今まで自分のやってきたことを振り返り成長できた部分や自分の中の限界を超える力を全て出し切ります。明日は朝起きた瞬間から寝るまでグランプリのことしか考えず自分にとってマイナスになることは一切考えません。そのために今日は軽く練習して、動画を見直しキーボードでイントロや間奏、アウトロのタイミングを合わせる所を確認し気持ちを落ち着かせ本番に備えます。

・感謝
明日6時に集合してまで応援に駆けつけてくれる部員には本当に感謝しかありません。他にも三木楽器のスタッフさんや3年生の先輩、OGの先輩など様々な方にアドバイスを頂きました。準決勝に出場できること、部員や色んな人が応援してくれていることに対する感謝の気持ちを忘れずに会場にいる全員の目を奪う演奏をします。絶対にグランプリ大会に連れていきます。

Re: 8月19日(土) - けちゃ

2017/08/19 (Sat) 22:00:05

*絶対に勝つ
私はどうしても明日(8月20日(日))勝ちたいです。後輩のためにもまずこの高校の名前をもっと広めたい、沢山の方々に支えていただいたお礼をしたいなどたくさんの思いがあります。もちろん個人的に勝ちたい理由もいくつかあります。
そして、朝6:00に京橋に集合して応援してくれる応援団にもう1度チャンスをあげるためにも。
どうしても優秀校賞を取りたい気持ちを煮えたぎらせて明日は全身全霊の演奏をします。もし周りの何人の人に「どうせ無理」と呆れられていたって構いません。自分達なりに頑張って来た成果を必ず5分で燃え尽きるまで出し切ります。グランプリへの切符を掴みとります。
今年の常翔啓光はなんか違うぞというところを魅せます。
会場に飲み込まれるのではなく、会場を飲み込みます。

Re: 8月19日(土) - ドナルド

2017/08/19 (Sat) 22:58:57

・本番
ついに、明日は準決勝本番です。昨日と今日の練習を見て、ほぼなにも言うことはできませんでしたが、このスニーカーのメンバーならグランプリに連れて行ってくれることを期待しています。私たち応援団も最後までスニーカーのメンバーを支えるために、明日6時に京橋に到着して、応援をします。最後の高校まで全力で応援できるように、早く寝て体調を整えます。

8月19日(土) - るんば

2017/08/19 (Sat) 21:13:59

・We are Sneaker Ages 準決勝
予選会第3日目(8月14日)にスニーカーメンバーが舞洲に連れていってくれると約束してくれました。その約束を信じて、演奏を見守ることしかできません。必ず舞洲に行って、グランプリ大会でベストサポーター校賞、グランプリ、2冠取ります。

・文化祭
1分間スピーチでも言ったように文化祭のMCリーダーになりました。これまでのライヴでMCを見てきて、成功例と失敗例をたくさん見てきました。MCの話に退屈して、隣の人と喋ったり、携帯を触ったりして観客の方に興味を持たせるような話が一切出来ていませんでした。しかし、ずっとMCの方を見て、うんうん、と頷いたり、MCの人がふる、会話に参加していました。人間ですから、興味を持つ話、持たない話それぞれあります。それを、いかにたくさんの人に興味を持たせ、MCの世界に連れ込むということが大切です。どうやったら観客に興味を持たせられるか、引き込ませられるかをしっかりと考えます。

8月19日(土) - A.K

2017/08/18 (Fri) 23:03:20

高1、高2自由に
題名:8月19日(土)
締め切り:8月19日(土)23:00

8月18日(金) - ゆう

2017/08/18 (Fri) 21:21:23

・バンド練習
「ジョイフル」をやった時にイントロはまだあやふやなんですけどだいたいあわせれましたがサビになると、自分だけ押さえている場所はあっているものの音がきたなく違って最後まで楽譜が覚えきれていなくて止まったりしたとこがあったので今日には大体の宿題を終らせて20日までに覚えます。
1L1では「やさしくなりたい」でよく聞く曲なのですがサビの部分以外あまり聞いたことがないので家で最低7回は聞くようにします。ギターがコードが難しく手が上手く動かないので何回もやって20日までにできるようにします。

・体調管理
スニーカーが終わってからの3日間の休み全部熱でゆっくり休めなかったので毎日10時~11時の間に寝るようにします。

Re: 8月18日(金) - いちごミルク

2017/08/18 (Fri) 22:02:48

○表情.動き
私は「後悔」は悲しいことだと思い、悲しい表情を作っていました。しかし、皆んなが思っている「後悔」は悲しいではなく、意見の行き違いがありました。そういうことがあるから、動きにまとまりがなく、統一感が無いのだと改めて感じました。悲しい表情をして1番Aメロは動いているつもりでしたが、だまつ先輩に「表情がない」と何度も言われました。自分なりに表情を考えて作っていたつもりでしたが、つもりでは観客の方々に伝わりません。もっとA.K先生に言われたように吉本芸人さんなどの動画を見て、どうすれば表情だけで感情が伝わるのか、を考えます。ゆうゆう先生にも、ほくほくにも、動きがワンパターンだと言われました。確かに私は縦揺れしか出来ていません。激しく動くことが第1ですが、激しく動いておけばいい、などの考えは本当に最悪な考えです。横に揺れたり、首を回してみたり、研究をします。まだ2分でテンポを取っています。何度言われても直っていません。ちゃんと4分で取る練習を音源と合わせてします。

○レギュラーバンド
SAに一杯一杯でレギュラーバンドの練習が全く出来ていません。SAメンバーだから、は言い訳にしかなりません。文化祭まであと14日しかありません。音源を聞き込み、メンバーに迷惑をかけないよう、テンポキープを心がけます。この度「魚の大群」にボーカルで入れさせてもらうことになりました。どれだけ楽器隊が上手くても、ボーカルに安定感が無ければ、曲全体の完成度が下がってしまいます。動きも考えながら、しっかり音源を聴き、音程を外さないようにします。

○宿題
宿題がまだ終わっていません。SA予選会で宿題のことがチラつくのは嫌なので、今日中に終わらせます。

Re: 8月18日(金) - ほくほく

2017/08/18 (Fri) 22:59:57

・やること
準決勝では、表情や動きなどの当たり前なことを、しっかりとできるようにします。表情では、いちごミルクと歌詞の捉え方が違い、隣で演奏しているのに表情が全く違ったため、1度自分たちの演奏中の表情を見合い、気持ちが伝わる演奏ができるようにします。動きがワンパターンだったり、もっと動けると思うので、「やり過ぎだろ」と思うくらい、1度大きく動きながら演奏をして、「ここはこのパートと合わせられるな」など、感じていきます。

8月18日(金) - Yama

2017/08/18 (Fri) 21:31:06

・動き
明後日が準決勝にも関わらず「もっと動いて」、「表情が作れてない」などと言っている自分達が情けないです。しかし、3日間休んだだけで出来ていたことが一気に出来なくなり0以下のマイナスからのスタートになっている自分はもっと情けないです。上下に大きく動いているように見せるためには膝を中心とした下半身を使えば良いのは分かったのでこれを応用し左右に大きく動いているように見せるためには足を大きく開きその分足を移動させるなど1人でも出来ることは今から実践します。

・表情
ゆうゆう先生が仰っていたのを踏まえ、大雑把ですが自分なりに最初はネガティブ、2番になりそこから最後にかけて前向きになっていくというイメージを考えました。この私の考えとゆうゆう先生の最初は後悔や悔しさ、ギターソロで決意を固め、アウトロで走り出しているというイメージを土台にしてどんな気持ちで演奏するかを何パターンか考え明日実行します。

・残り1日
残り2日の時点でこんなことを言っているようではもう結果は見えています。意識が低すぎる証拠です。明日練習できる時間は総合で2時間も無いぐらいの気持ちでA.K先生も仰っていた様に「もうこれ以上無理や!!」となるまで暴れ表情筋がつるぐらい表情の変化を徹底します。決して妥協はしません。今日のように何度言っても出来ていない、ということがあれば声が枯れるぐらい本気で怒ります。何をするにも本気で真剣に取り組みその気持ちを演奏に表します。

Re: 8月18日(金) - ドナルド

2017/08/18 (Fri) 22:47:42

・歌詞解釈
今日、みんなが宿題などをしている時間にYamaはスニーカーの練習でいませんでしたが、それ以外のなまくりーむ、夏みかん、ヤングオイスターで「I wanna see you」の歌詞解釈を行いました。A.K先生がおっしゃつていたように、歌詞の通りなので簡単に解釈をすることができました。しかし、「この主人公は女の人かな?」など想像を膨らませすぎてしまい、宿題をする時間を少し無駄にしてしまいました。たこやきが言っていたように、時間を無駄にすることは今後一切やめます。無駄な時間を作りません。

・アドバイス
今日から久しぶりに1年生のバンド練習が始まり、私は宿題を忘れてしまったのでバンド練習の様子を見ていました。しかし、ほとんどの人の練習が足りておらず、アドバイスができませんでした。明日からは練習が足りていない人をとことん怒り、少しでもできている人にはボーカルだけでなく他のパートの人にも「ここはこうしたらいいんじゃないかな?」などのアドバイスをします。

Re: 8月18日(金) - 赤いくま

2017/08/18 (Fri) 22:57:42

・活動、勝つために
しそ豆腐と意見を出しあい、動きの確認をしました。同じ弦楽器だから同じ動きでもいけるだろうと思っていましたが、楽器を交換して実際にやってみると重さやネックの長さが全然違いました。逆にこの重さだから、この長さだからこれを武器にできる動きはないかと話し合えて大きな成果を得られました。いかに大きくみせるか、カッコよくするか、Aメロで歌詞を伝えたいなら顔を固定して体を動かせばいいのではないかなど相談し、情報共有をするためにけちゃやキーボードのメンバーにも積極的に意見を求めたりしました。しかし、共有出来てもそれを全員でやろうとまで話が出来ていないです。スニーカーで勝つためには1人1人が個性を出しているだけでなくメンバー全員が感謝と「グランプリに行きたい!」という必死さや「自分達はここまで頑張ったからみてほしい!」ということを伝えなければなりません。ただ自分が楽しかったり自分だけがアピールしていては「個性を並べただけ」になります。それではただのバンドです。みんなでステージを作ってこそスニーカーです。残り1日しかありませんが、誰がここは主役で何を伝えなければならないのか考えて、沢山試して残りの1分でも最後まで演奏がよくなるように意見をぶつけあい練習します。

8月18日(金) - IB

2017/08/18 (Fri) 18:14:21

・意識
今の自分が何を書いても誰の心にも響きません。ただ文字が並んでいるだけです。今までの4ヶ月で積み上げた小さなモノを全てとっぱらい、0からやり直します。小さな意識の違いで周りに悪い影響を与えてしまうことを忘れずに明日から活動します。

Re: 8月18日(金) - 96猫

2017/08/18 (Fri) 22:35:26

・バンド練習
今日の練習ではどこら辺を弾いているのかわからなくて、まともに演奏することができませんでした。ボーカルがいないってこともありますがギターとベースだけでも合わせられるように練習します。また、家での練習では応援団としての活動中はほとんど楽器の基礎練をサボっていたので少し練習しただけで指が痛くなってしまいました。しっかり練習し続けとけば良かったと後悔したので、もうこんなことのないように毎日練習します。

・睡眠
ミーティング中にあくびが出たり、ボーッとしてることが多々あります。早寝早起きを心がけます。

8月18日(金) - A.K

2017/08/16 (Wed) 23:03:17

高1、高2自由に
題名:8月18日(金)
締め切り:8月18日(金)23:00

8月17日(木) - A.K

2017/08/16 (Wed) 23:02:02

掲示板の記入なし

8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - けちゃ

2017/08/16 (Wed) 20:37:23

*振り返って
正直まだもっと会場を飲み込めるようになれるはずと日にちが経つにつれて思います。終わってから「すごかった!」「鳥肌たった!」などの声が寄せられました。それはそれでその人には少しでも響いたのかなと思いますが、まだもっと出来るのではと自分では思います。楽しくなかった訳では無いですが、まだまだ自分達は心から楽しんで演奏できます。だからと言ってマイナスな気分で終わったのではありません。その理由は*感謝 にあります。

*やる事
まずは「星空のディスタンス」の歌詞解釈です。予選会での悔しさを込めてグランプリへ必ず行くという思いを必ず届けます。
そして、喉歌いをやめ、もっとしっかりお腹から声を出せるように必ずします。準決勝までに必ず喉歌いを直して革命を起こします。

*感謝
応援団がいなければ私達は準決勝に進めることができませんでした。これまで毎日練習をして来てくれた応援団にまずは感謝です。
そして、私の憧れ某三木楽器スタッフさんもわざわざチューニングルームまで来て頂いたり、終わってからもアドバイスを頂いたり本当にお世話になっています。更にまた新しくお話させて頂いたスタッフさんにも「あんたが一番バイブス効いてたで!バイブス番長準決勝楽しみしてるわ!」と応援して頂いています。他校の先輩もずっと気にかけて頂いていたり、色んな高校の軽音楽部や、クラスの子、本当に沢山の方々に応援して頂いています。絶対にグランプリに行って恩返しをします。

私達2年生の最後のWe are Sneaker Agesが全て8月20日(日)にかかっています。
バイブス番長けちゃは全身全霊で突き進みます。準決勝に行った方が「星空のディスタンス」に意味を込めやすいと思って開き直ってラッキーだと思っています。今まで以上に気持ちのこもった演奏を期待しておいて下さい。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - しそ豆腐

2017/08/16 (Wed) 22:23:57

・感想
本当にあっという間の1日でした。朝起きた時から緊張しっぱなしでした。多分今までで1番緊張しました。ですが「笑ってたいんだ」が始まって、応援団の皆が見えた途端に全部吹っ飛びました。先生からは「30秒で緊張は無くなる」と言われましたが私は一瞬で吹っ飛びました。ポンポンやペンライトを皆が振っているあの景色は、一生忘れられないとても綺麗なもので、本当に楽しかったです。終わった後、色々な人の感謝やここまでやってきて良かったという気持ちでいっぱいになって泣いてしまいました。私が生きてきた中でこんなにも色々な人にあのわずか10分の為にアドバイスを貰ったり、時間を割いてもらったりお世話になったのは初めてです。受験があるのにわざわざ来てくれたまゆくら先輩やダッフィー先輩や卒業生、応援団の皆の姿を見た途端にもっと涙が止まらなくなりました。あの舞台に2年ぶりに立たせて貰って、如何に自分が周りの人に恵まれているのかよくわかりました。本当に楽しかったです。

・反省
結果は4位でした。とても、本当にとても悔しいです。まず動きの面ですが、帰る前、三木楽器のスタッフの方に「個性は出てるけど机の上に並べてあるだけで形になっていない」と言われました。そのアドバイスが自分なりに解釈出来なくて上位の学校と比べて何がどう違うのか4日目や5日目の演奏を見て考えました。そこで私はけちゃが「歌詞解釈してこよう」と言ったのを思い出しました。例えば「星空のディスタンス」に対して今まで「会いたい人に会いたい、けど会えない」というかなり大雑把に解釈をしていました。勿論自分なりにもっと色々考えてはいましたが、メンバーと共有したのはその部分だけでした。だからそこ以外の部分の解釈がお互いに噛み合っていなくて一つにまとまらないのかなと考えました。次に会う時にはしっかり自分の解釈を纏めておいて皆と共有できるようにします。演奏では、まずやはりテンポがガタガタになるのが気になりました。「時間超えたらどうしよう」という気持ちと、テンションが上がりすぎた事が原因かなと思います。宿題をしながらひたすら148のクリックを聞きます。後は強弱です。Aメロで音量を下げるという話でしたが、本番ではほとんど吹っ飛んでしまって多分覚えていなかったので、無意識にでもそう出来るまで練習します。書き続けるとキリがないのでこのくらいにしておきますが反省するべき点はまだまだ沢山あります。今まで支えてきてくださった方や、応援団の悔しい想いの分まで準決勝でぶつけられるように残り2日、今までよりももっと勝ちに貪欲になり、練習します。私達の夏はまだ終わらせません。絶対にグランプリ大会にいきます!

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - 夏みかん

2017/08/16 (Wed) 22:24:48

・応援団
最後までやり切ったという気持ちが大きいです。ベストサポーター校賞を惜しい点数で逃し、悔しいのもありますが、この1ヶ月間やってきたこと全てを全力で出せたので、悔いはないです。
去年とは違い、We are Sneaker Agesに対する思いも強くなり、「応援団で絶対にベストサポーター校賞をとってやる」と全員が思えたのではないかと思います。
現役最後の夏休みとしては、かなり充実しました。「あれをやりたかったな」「これをしたかったな」などの思い残しも無いです。
クラブ全員で勝負をする大会だからこその結果であると思いました。
・演奏を見て
メンバーの表情や動き方を見て、まず最初に思ったのが「感動した」でした。この夏、やってきたことに無駄は無かったんだなと認識でき、とにかく感動しました。
8月20日(日)の準決勝では、メンバーを全力でサポートし、今までで1番最高の「星空のディスタンス」を安心して披露してもらえるようにします。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - なまくりーむ

2017/08/16 (Wed) 22:31:09

・応援
本当に心から楽しめました。真剣にやった分絶対に楽しめると昨年の夏、応援団長をやった時に分かりましたが、今年はかける気持ちが全然違って、本当に楽しめました。
応援団長のサポートに選ばれてから「絶対に自分の精一杯の力を出し切る」と思っていました。
振り付けからドナルドや夏みかんやゆうゆう先生とたくさん悩んで、「星空のディスタンス」と「笑ってたいんだ」は歌詞の意味に合わせて作るなど時間はかかりましたが、いいものができたと思います。思いついたことを口に出してやってみるという事ができました。
しかし、皆の前で教えるということは簡単ではなく、思い通りに進まない事も多かったです。そんな中でも声を出し続けたドナルドを見て、私も必死になることが出来ました。
こんなに必死になれる夏は本当に今しかないのだと感じます。
19点という悔しい結果ではありますが、悔いはありません。しっかりやってきたからこそ19点が取れたと思っています。演奏メンバーも「かっこよかったよ」と言ってくれて本当に良かったと思います。
たくさん泣きましたが、まだ夏は終わっていません。準決勝が残っています。応援団としての点数は入らないですが、全力でサポートします。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - Yama

2017/08/16 (Wed) 22:37:51

・感想
3月の下旬頃にキーボーディストとしてスニーカーのメンバーに選ばれた時は正直驚きしかありませんでした。最初の方は全てが新鮮でキーボードを演奏するのが楽しみでしたが、少しずつ覚えるのが困難になっていき、何度やっても同じ所で間違えたり家での個人練習の時間がなくなったり部活での練習の時も思うように動けなかったり、「もう辞めたい」と思ったことも多々ありました。当時楽譜すら読めなかった私がここまで成長できたのは支えてくれたメンバーや応援団である部員、またA.K先生やゆうゆう先生のおかげです。予選日14日まで色んなことがありましたが、その中で得たものから自分の出せる限りの力を発揮でき、楽しんで演奏できました。しかし私達の夏はまだ始まったばかりです。余韻に浸るのは今日までです。当時は自分の最大の力を出し切ったと思いましたが動画を見直してみると「まだ出来る、もっと動ける」と感じました。これらのことを踏まえて自分がすべきことを1つ1つ潰していき予選会よりも確実にレベルを上げます。そして絶対にグランプリに行きます。

・やる事
まずは歌詞解釈です。動きや表情などについては表面的にしか表現出来ておらず中身が無かったのが表に出ていました。「絶対にグランプリに行く!」という気持ちを込めて歌詞解釈をし、A.K先生が仰っていた様にライオンのように表現します。「星空のディスタンス」に対しての理解が甘かったのが動きが小さい原因です。グランプリに対する貪欲さを全面的に出せばキーボードを倒す勢いで動きが大きくなるはずです。歌詞解釈をしても動き方が分からないとなるのは目に見えているので18日からの練習は今まで以上に暴れまくり考える前に行動に移します。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - ヤングオイスター

2017/08/16 (Wed) 22:54:52

・応援
緊張と不安が入り混じる中、会場の雰囲気に圧倒され、
普段感じる「楽しさ」とは違う、やりきったという意味での「楽しさ」味わうことが出来ました。1ヶ月間の練習で、振りや顔など「本番できるかな」と不安になる事が多々ありましたが、団長とサポーターに大変支えられて、この「楽しさ」を感じる事が出来たと思います。3人には感謝してもしきれない程感謝しています。正直、こんなに1つのことに力を入れたのは、これが初で、本当に1ヶ月間やってきて良かったと思えました。私はこの応援の参加により、絶対に変われたと思います。何かに熱中出来る期間はそう長くありません。今しか出来ない、今だからこそ出来る体験が出来たことが私の1番の変わるきっかけになりました。時間を大切にし「今」しか出来ないことに熱中することの大切さをようやく理解出来ました。準決勝でもメンバーをサポートし、グランプリでは応援として絶対に結果を残します。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - ドナルド

2017/08/16 (Wed) 22:58:40

・本番になって
正直、予選会前日の練習の時に「時間足りない」や「みんなの顔が怖くて、明日笑顔で応援してくれるのかな」などの不安で予選会が怖かったです。本番もその不安のせいでかなり緊張していました。しかし、実際に予選会が始まったら緊張もほぐれ応援をするのが楽しくて仕方がありませんでした。予選会が始まる前に「心から楽しんで応援することが大切」などのようなことを言いましたが、そのことは実際私自身できた自信があります。応援中にたまに私が横目で後ろを見たら、パンのみみやゆうが楽しそうに応援しているのを見て本当に嬉しくなりました。私は最後の最後までアドリブが効かず、自由曲も上手く振りをすぐに思いつくことができませんでしたが、なんとかやり遂げることができました。
結果は19点で、ベストサポーター校賞まで1点足りませんでしたが、今まで頑張って来たことに後悔はしていません。そして、本当に頼りない私が応援団長としてここまでやってこられたのは、ゆうゆう先生やサポーターのなまくりーむや夏みかんなどが私のことを支えてくれたからです。支えてくれた人たちには今後行動で感謝の気持ちを示します。

・今後すること
私もこんな悔しい気持ちで応援団長をこの夏で終わりたくありません。準決勝でスニーカーのメンバーに絶対にグランプリに進んでもらうために、練習をしているのを見て言えることがあれば、遠慮なく言います。最後までサポートしてグランプリでまた応援できるようにスニーカーのメンバーにグランプリに連れて行ってもらい、今度こそベストサポーター校賞を獲ります。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - 赤いくま

2017/08/16 (Wed) 22:59:55

・感想
本当に演奏する直前まで緊張していました。しかし、照明を浴びて応援団が見えた時「精一杯やってやろう!」と思い思い切って演奏できました。今までの練習で上手く出来なかったりメンバーに迷惑をかけたことなど後ろめたい気持ちを吹き飛ばして今は自分達の演奏を自分達なりにしようと必死でした。結果は4位だと知った時すごく悔しかったです。しかし準決勝でもう1度演奏できるチャンスがあると前向きに思ってから今でも自分の中ですごく燃えています。今の自分達の演奏はある程度認めて頂けてまだ改善の余地があると思うといてもたってもいられないです。動画を見直すとパフォーマンスをまだまだ改善出来るし、予選までに出来なかった歌詞解釈をメンバーですることができます。まだ自分達の夏は終わっていません。絶対グランプリに行きます!

8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - トマト

2017/08/15 (Tue) 21:43:57

(ついにスニーカー本番)
スニーカー本番始まる前凄く自分はドキドキしていましたがワクワクもしていました。倒れてもいいぐらい応援してやろうという気持ちでいっぱいでした。でも私は前日まで三日休んでいたので振りやペンライトの色がえを間違えてしまいそうという不安で押しつぶされそうでした。
そんな不安でいっぱいの中大会が始まりましたが初めて松下IMPホールに入った時、前に練習しに行った国際大学とは違い他校さんも沢山いて、審査員席もあって、ポンポンやペンライトなどもたくさん見えて「あー、自分もこんな場所で応援するんだなー」っとそこで初めて実感しました。緊張している中でも、楽しみ!はやくペンライトを振りたい!という思いの方が強かったです。その気持ちになった時、私は自分が習っていたダンスの発表会みたいだなと思いました。その発表会の時も自分のお母さんやお父さん、友達などが自分のダンスを見て応援してくれて凄く嬉しくて思いっきり踊った記憶があります。凄く懐かしいと思いました。
スニーカーのオープニングが始まった時それと同時にテンションもライヴに来たようにブワーっと上がってそのテンションのままペンライトを振りました。けちゃ先輩がプラカードをもって出てきた時に、その先輩の姿が自身に満ち溢れていてやってやろう!というオーラがにじみ出ていました。それに凄く感動しました。
他校さんの演奏も始まり、規定曲の応援はミスせずできましたが、自由曲の応援は応援団長のドナルド先輩をずっとみて真似をしていましたが、何回か焦ってミスをしてしまいました。そこが自分の反省点だと思います。自校の応援をしている時に他校さんの応援もみましたが、凄く揃っていて手の高さや振り幅が綺麗でした。それをみてとても圧倒されました。ベストサポーター校賞とってやる!と前日のBBSに書いていましたがその時は一瞬自身を無くしました。でも、そんなこと気にしていたら負けです。自分は笑顔で応援を頑張りました。
そしていよいよ常翔啓光学園の演奏が始まりました。始まった瞬間もうどうにでもなってしまえと思いながら全力でペンライトを振りました。「笑ってたいんだ」では今までにない最高の笑顔で、「星空のディスタンス」ではかっこつけたようなドヤ顔で、ペンライトは常にパシッパシッと決めて隣のなまくりーむ先輩とアイコンタクトをして合わせました。「星空のディスタンス」の応援の時、周りの一般客の人や他校さんそして審査員の方々を圧倒させることが出来たと思います。その時は本当にかっこよく上手く決めれたという自信しかありませんでした。終わったあとに、周りの一般客の人から「凄いね」という言葉が聞こえて本当に嬉しかったし、頑張ってよかったと思いました。演奏メンバーの演奏も今までの演奏よりはるかにかっこよく、表情も豊かで楽しそうに演奏していて、みんな全てを出しきったという顔をしていました。それをみて私も応援しながら自然に笑顔になれました。

このスニーカーの大会で本当に応援メンバーと演奏メンバーの心が一つになれたと思います。ベストサポーター校賞まであと少しでしたがこれまで全員と練習をコツコツ頑張ってやってきて
全てをここに出せて楽しく応援出来た事が1番嬉しかったです。
演奏メンバーもこれから準決勝が待っ本当にているので頑張ってください。心から応援します。
ですが、私達の夏はまだ終わっていません。これからも全力で部活を頑張ります。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - ポンコツ

2017/08/15 (Tue) 22:29:16

○応援
ついに、本番を迎えた時、緊張というよりも、ワクワクした気持ちの方が上でした。そして、全ての力を出し切りました。とにかく、応援がとても楽しかったです。大きなホールで応援をやれたことだけでも、本当に嬉しくて、感動してしまいました。自校の応援をやり終えた時に、まだ結果が出ていないのに、涙が止まりませんでした。出番が終わった後に、赤いくま先輩やしそ豆腐先輩が、「ちゃんと見えたよ!綺麗やった、ありがとう!」と言ってくれて、ちゃんと、演奏メンバーにも届いていたことが何よりも嬉しく、涙が溢れてきました。結果はとても惜しく、悔しさで胸が一杯になりましたが、結果発表が終わった後に、近くに座っていたお客さんから、「凄く綺麗やったよ。頑張ったね、隣に座ってて良かった。」という言葉を聞いて、かなり救われました。もう感謝の気持ちで一杯でした。この日まで、サポートしてくれた、団長や先輩方や先生、更には仲間には感謝しかありません。結果は悔しいものでしたが、まだ終わった訳ではありません。20日の準決勝に向けて、全力で演奏メンバーを支えます。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - A.K

2017/08/15 (Tue) 23:54:11

題名を修正しました。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - すいしょう

2017/08/16 (Wed) 14:16:09

・応援
とても楽しかったです。とにかく全てを出し切りました。また、クラブ全体が1番団結出来た日になったと思います。メンバーから、演奏前に「見てるからな!」と言われた時、演奏後に「見えてたで!ほんまに綺麗やった!」と言われた時、ちゃんと伝わっているんだと思い、とても嬉しかったです。また、自校の演奏後のインタビューの時には感動で涙が溢れました。応援練習が始まった時は「またこの季節が来たんやなー」と思っていました。しかし練習が進んでいくにつれて仲間との団結や達成感を感じることが出来ました。今年は去年以上に楽しく、とてもやりがいのある夏だと思います。また、仲間や先生、演奏メンバーなどいろんな方々への感謝も忘れません。結果はとても悔しいものでしたが、まだ終わっていません。この予選会での反省点や良いと思ったことをふまえて、まずは準決勝までメンバーを支え、グランプリ大会では必ずベストサポーター校賞をとります。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - いちごミルク

2017/08/16 (Wed) 19:43:00

○スニーカー予選会本番
私は、スニーカー予選会本番で今までにないくらいの緊張をしました。音色を間違えたらどうしよう、歌詞を間違えたらどうしよう、キーボードソロで頭が真っ白になって弾けなくなったらどうしよう、沢山の恐怖がありました。しかし、A.K先生が本番前に言っていたように、緊張なんて30秒で終わる、の言葉は本当でした。演奏が始まってすぐ、大きなステージで演奏が出来た嬉しさ、楽しさ、そして応援団がステージ上から見えた時の感動、沢山の感情が巻き起こり、緊張など忘れていました。演奏中はただひたすら楽しくてワクワクしていました。あの一瞬に私達の夏休み全てをかけて来ました。友達と遊びたい、という気持ちが無かったと言ったら嘘になります。ですが、昨日あのステージに立たせてもらい、心から軽音楽部に入って良かったと、部活にちゃんと来て良かったと思いました。沢山の人に支えられ、助けられ、ここまでこれた感謝を忘れずに、準決勝で絶対にグランプリに行きます。今回の夏は私の人生の中で1番楽しくて、1番充実していた夏です。

○得たこと
準決勝で学んだことが沢山ありました。まず「星空のディスタンス」を見て、まとまりがないと凄く感じました。1人1人が違う動きをすることは良いことですが、アイコンタクトがなく、ギターソロの時も赤いくま先輩1人だけの空間が出来ていて、私達らしさが全く無いな、と感じました。そして「星空のディスタンス」の私のコーラスがあまり聞こえませんでした。もっとマイクにかぶりつくくらいの勢いで声を出します。動画を見て思ったことが、思っていた以上にキーボードの音が聞こえているということでした。オーケストラヒットの音量を上げるのが間に合わず、一拍遅れて入ったのがとても目立っていました。しっかり次のことを考えながら弾きます。アウトロの動きがワンパターンで自分で見ていて飽きました。もっと良い動きは無いのか、考えます。そして、歌詞解釈を自分の立場に置き換えて考えることをします。愛しい人が遠くに居て、会えなくて苦しいんだろうな~という、アバウトな歌詞解釈をしていましたが、けちゃ先輩が自分で経験をしたこともないことを、表現するのは無理だ、と言っていました。確かに、私には500マイル離れた逢いたい人など居ません。それを自分の立場に置き換え、自分は今何が1番欲しくて苦しんでいるのか、など「星空のディスタンス」の歌詞を今の自分の立場に置き換え、歌詞解釈をします。イントロの音を下げる時はたっぷり溜めたのにもかかわらず、上げる時の溜めが足りず、おかしかったので、もっと音量の上げ下げの練習をします。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - ゆう

2017/08/16 (Wed) 20:12:27

・初めての体験
初めてのスニーカーで最初のオープニングが流れた時緊張がとれ、緊張がわくわくになり今までにない楽しみが味わえました。他校さんの曲が始まった瞬間最高に楽しく1番いい応援が出来ていると感じました。そして自校の曲では「笑ってたいんだ」で今まで以上に楽しく、ずっと笑顔でニコちゃんを振ることが出来て本当に楽しかったです。「星空のディスタンス」では最初のペンライトの色の変わる瞬間に自分の近くに座っていた一般の人から「おぉー」という言葉が聞こえて嬉しかったです。結果は惜しくも後1点でベストサポーター校賞で悔しい気持ちでいっぱいなのですがここまで上り詰めることができたのは団長のドナルド先輩、なまくりーむ先輩、夏みかん先輩、先生、卒業した先輩方がたくさんアドバイスしてくださったおかげだと思うのでその感謝を絶対に忘れません。
準決勝進出で準決勝まで練習出来るのは2日間ですが演奏者を精一杯サポートします。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - CHAOS

2017/08/16 (Wed) 20:37:12

・応援
とても楽しく応援ができました。
一生懸命頑張っている人を応援するのは本当に楽しくてやりがいがありました。
最初は 失敗したらどうしようとか 色変えを間違えたらどうしようなど、不安がたくさんありました。会場に入った時も 他校さんがいっぱいいて審査員席があって雰囲気にのまれそうでした。いざ、応援が始まり他校さんの応援を見ていました。ポンポンの高さやタイミングがピッタリで圧倒されました。そしていよいよ自校の発表が始まりました。楽しくて楽しくて仕方なかったです。今まで以上に笑顔で応援できました。しかし、結果はとても悔しいものでした。あと一歩、ベストサポーター校賞には届きませんでした。でも、ここまで上り詰めることができたのは、団長さんやたくさんの先輩方、先生方などのおかげです。感謝の気持ちを忘れません。
20日の準決勝まではあと少しですが
全力で演奏メンバーを支えます。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - パンのみみ

2017/08/16 (Wed) 21:10:18

・応援
会場に入った瞬間そこの雰囲気でテンションがすごく上がりました。そして、この中で応援できるということがすごく嬉しかったです。だから、悔いのないような応援ができるようにしようと思いました。今までやってきたことが発揮できるか不安でドキドキでしたが、それに負けないくらいワクワクしてました。席に座ってからは「ついに始まる!」と思って笑顔が消えませんでした。演奏者のみんなの姿を見て自分の腕が動かせなくなるぐらいまで思いっきり応援しようと改めて思いました。自校の出番がくる前に結構手が疲れていました。しかし、自校の出番は次だというときにはもう腕の疲れとか気にならないくらいの気合いと集中力で溢れていました。自分の力を出し切れるようにとにかく楽しみながら応援して、緊張をしないようにしました。周りの様子が少し見えて応援団のみんなと演奏者のみんなと1つになれたように感じてすごく気持ちよかったです!終わってからは今の自分の力を全て出し切れたと思いました。ほくほくやいちごミルクに「はじめ応援見たとき綺麗すぎて涙が出た」と言われたとき、今まで本当に頑張ってきてよかったと思いました。ベストサポーター校賞まではあと少しというところで届きませんでしたが、次こそはベストサポーター校賞が取れるようにこれからはもっと気合いを入れて行動していこうと思います。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - グレープフルーツ

2017/08/16 (Wed) 22:41:35

・応援
会場に入った時からワクワクした気持ちが湧き上がり、とにかく楽しみながら、今まで練習してきた分の力を出し切ることが出来ました。他校さんの応援をしている時は、演奏の力強さに圧倒され、ペンライトを振っている時に鳥肌が立ちました。そして、応援することへのやりがいを感じ、心の底から楽しんでペンライトを振ることがました。また、司会者がエントリーを読み上げた後の「〇〇、頑張れ!」と言う時は、喉の奥が痛くなるぐらいの声を出すことが出来ました。自校の応援では、演奏メンバーが安心して、楽しんで気持ち良く今までの力を出して演奏出来るように、自分も残りの力を全部出し切ろうという気持ちでペンライトを振り、今までの練習以上に心の底から笑顔になることが出来て、全力で応援を楽しむことが出来ました。演奏が終わった後は、今まで練習してきた分の思いが込み上がってきて、胸がいっぱいになりました。応援練習が始まるまでは、最初ペンライトを振って応援すると聞いた時、正直驚きましたが、人生で初めてペンライトを振るという楽しみな気持ちと、自分にそんなことが出来るのかという不安が少しありました。ですが、笑顔で歌詞を口ずさみながら練習してみると思っていた以上に楽しく、練習が始まるまでの不安は一瞬にしてなくなりました。また、演奏メンバーが頑張っているのを見ると自分達も頑張って演奏メンバーを全力で応援してベストサポーター校賞を取らないとという気持ちになり、応援するということにやりがいを感じることが出来ました。
結果は惜しく、悔しいものとなりましたが、決して終わったというわけではありません。準決勝ではペンライトを振ることはありませんが、それでも、準決勝までの時間の中で演奏メンバーの力になれることは全てします。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - ほくほく

2017/08/16 (Wed) 22:58:47

・感想
始まるまでは緊張もしていましたが、とても楽しんでノリノリで演奏する事ができました。私が今持っている力を全て出し切ることができたと思います。それは、毎日練習を行い私達をサポートしてくれた応援団、ご指導して頂いた先輩方や先生方、私達に関わってくれた全ての人のおかげです。本当にありがとうございました。ステージから見えた応援団のペンライトの綺麗な景色は、一生の宝物です。結果はとても悔しいですが、更に心が熱くなり、グランプリへの思いが強くなりました。この思いを胸に練習に打ち込みます。

・やるべき事
先程、今私が持っている力を出し切ったと書きましたが、まだまだ自分には力があります。動画を見て、上位校との差が分かった気がしました。私達は個性を大事にしているというよりも、それぞれの想いがまとまっていないように見えてしまいました。三木楽器の先生も仰っていたように、今のままじゃ私達それぞれの個性が机の上に並べられただけです。「メンバー全員の想いが一つでないと、皆さんに響く演奏なんてできない」と私のエレクトーンの先生も仰っていました。「なんとなく」での歌詞解釈などはしません。願いは皆一つ、グランプリです。その気持ちを曲に込めて演奏します。必ず準決勝で勝ちます。

8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - IB

2017/08/15 (Tue) 20:50:20

・応援
本当に楽しく応援できました。他校でも自校でも、頑張っている人を応援するのはとても気持ち良かったです。1日目に見学に行ったので、雰囲気は分かっていましたが、やはり自分が応援席に座って参加すると、全く違う雰囲気で包まれていて、高揚感を感じました。結果はとても惜しく、悔しいものでしたが、得たものはとても大きいと思います。頑張って練習したからこそ達することができた悔しさだと思います。そして、まだ終わっていません。20日の準決勝に向けて、演奏メンバーをしっかりと支えていきます。ここまで引っ張ってくれた団長や2年生の先輩、先生、仲間に感謝して、今度はグランプリで自分も引っ張れる立場になれるよう、気合いを入れ直します。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - A.K

2017/08/15 (Tue) 21:01:06

題名を修正しました。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - Lennon

2017/08/16 (Wed) 10:02:48

・応援
本当に楽しい応援ができました。特に自校の「笑ってたいんだ」では、涙が出るくらい感情を込めた応援ができ、とても満足しています。演奏メンバーにしっかりと気持ちが伝わる応援ができたと思います。また、どこの学校の演奏に対してでも、気持ちを込めた応援ができたので「頑張れ!」の思いを伝えるという面で、とても意味のある応援でした。
・予選会の感想
演奏と応援がしっかりと団結できた1日でした。「気持ちの部分で負けない」と言っていましたが、実際のところは驚くことや感激することが多く、周りの雰囲気に飲まれてしまった部分があります。飲まれてしまった分、グランプリ大会での応援や来年のスニーカーでその感動を取り入れます。感動したところは奈良育英高校のBaの動き(とても大きく動いていて存在感がありました。)や、峰山高校のステージ(本当にまとまっていて楽しさが伝わってきました。)です。奈良育英高校はたくさんの場面で全員が「ありがとうございました!」と揃えて言われており、とても感激しました。
・予選会を終えて
準決勝では応援団としての出番はありませんが、しっかりと演奏メンバーを最大限にサポートします。今後の活動は、自分のことは2の次、3の次で、演奏メンバーのサポートということだけをしっかりと考えて行動します。そして、絶対にグランプリ大会で演奏してもらいます。
・反省点
演奏メンバーから外れたことは本当に悔しかったです。予選会での演奏を見て、もう1度反省点を考えました。「笑顔・動きが出来ていない」「学ぼうという意識が低すぎた」「言われたことを全然守れなかった」という点です。
応援練習でも笑顔について何回も注意されました。笑顔は絶対に必要不可欠です。作り笑顔ではない自然な笑顔がわかったので笑顔が必要な場面で、絶対に笑顔についての注意を受けません。
今まで、質問することは相手に迷惑がかかると思っていました。ですが、自分が質問しないことにより、無駄な時間を取ってしまったり、周りの足を引っ張っているということに気付けませんでした。応援練習でも、それに気付くことがとても遅かったです。質問し、それを取り入れるということは、自分が成長できるということです。その意識を忘れずにこれから生きていきます。
言われたことを守れないのは論外です。言われたことに対しての意識がとても低かったです。言われたことの重要性を理解し、言われたことは何としてでも守ります。言われたことが出来ない場合はしっかりと質問し、絶対に成長します。
二度と悔しい思いはしません。今までは物事に取り組む姿勢がとても甘かったです。1回ごとのチャンスをもっと大切にします。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - パンダロウ

2017/08/16 (Wed) 20:21:54

・感想
本当に心の底から楽しめられました。今までこんなにでかいライヴを行ったことがなかったので
とても良かったです。また、他校の演奏で知らない曲が何曲かありましたが、知っている曲と同じくらい
楽しめました。そして、自校の結果が4位でしたがこれまでの練習を思い出して、とても良い思い出になりました。
このクラブに入ってとても良かったです。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - るんば

2017/08/16 (Wed) 21:09:51

・応援
1ヶ月間、真剣に応援練習をしていてほんとに良かったです。練習を始めた頃は「なんで、ペンライトなんか振ってるんやろう」と思うことがありました。しかし、ドナルド先輩をはじめ、夏みかん先輩、なまくりーむ先輩などの応援に対するとても強い気持ちが伝わり、真剣にやってきて、すごく達成感があります。この1ヶ月間、軽音楽部らしいことはしていませんが、とても中身の詰まった1ヶ月間でした。大きな動きで、キレのある応援をする奈良育英高校や、細かいテクニックで応援をする大阪夕陽丘高校、今回ベストサポーター校賞を取った峰山高校がいる中で、常翔啓光の応援で勝てるか、すごく不安でした。しかし、演奏が始まり、いざ応援を始めると、すごく楽しく、自然と笑顔になり、最高の応援が出来ました。ベストサポーター校賞は取れませんでしたが、演奏後のスニーカーメンバーに「啓光の応援が一番やった」と言ってもらえ、A.K先生が仰っていたように応援の点数で19点取れたことに誇りを感じます。演奏は準決勝に進み、スニーカーメンバーが「必ずグランプリに連れていく」と約束してくれました。その言葉を信じて、準決勝まで全力でサポートします。ここからが本番です。

・感想
峰山高校の演奏を見ていて、「え、これほんまに高校生?」と思いました。演奏技術、ステージでのパフォーマンスがほかの高校とは明らかに違っていました。1曲目の「隆福丸」がCDの音源を聞いているみたいでした。ステージ上で焦ることなく、落ち着いて演奏していました。2曲目の「Footloose」ではミュージカルを観ているような気分でした。歌って、踊って、演奏者がきっちりと揃った動きに感動しました。人を感動させるということは素晴らしい事だと思います。感動させるためには歌詞や音色一つ一つに感情や、思いを込めて演奏することだと思います。普段の練習から歌詞の意味を考えて練習に励みます。

Re: 8月14日(月)「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - 96猫

2017/08/16 (Wed) 22:53:14

・応援
初めは横が一般席なので誰か座るかなとそわそわしていましたが誰も座らなかったので大きく動いて応援する事ができました。また、笑顔で応援出来ていたと思います。練習の成果もあってほとんどミスせずにできました。結果は本当に惜しかったですが全力を出せて良かったです。準決勝でも上手く演奏できるように祈ります。夏休みは応援でほとんど遊ぶことができず、今までの夏休みの過ごし方と大きく違いましたがそれでも色々なものをこの夏休みで学べました。宿題も終わってないので残り少ない時間で全力で取り組みます。

8月14日(月)
「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - ヒカ

2017/08/16 (Wed) 18:48:45

・振り返って
僕はスニーカーが始まる2週間前に風邪をひいて休んでしまった1週間を恨みます。本番が始まってやっと「1週間分を巻き返すことは難しんだな」と実感しました。「もっと練習していれば」「もっと体調管理をしっかりしていれば」と後悔することだらけでした。本番始まる前、「今までやってきたことの集大成を見せつけることが出来る」と「どんな応援を見れるのだろうか」という高揚感と、「今日は楽しむぞ!」と「ベストサポーター校賞絶対に持って帰るぞ!」「終わった後、また風邪ひいてもいいから絶対にミスはせえへんぞ!」という強い意志を持って本番に臨みました。しかし結果は惜しくも1点届かず、予選会では持って帰ってくることができませんでした。結局ミスをしてしまいました。僕のミスが原因だったかもしれません。応援団のみんなにはほんとに申し訳ない。でもここで立ち止まることなんて出来ません。ミスをしたからってそこでずっと落ち込むんじゃなくて、次ミスしないように練習します。「悔しさ」を詰めた涙は絶対に流しません。かと言って「嬉しさ」を詰め込んだ涙はまだ流せません。グランプリ大会に行くまでは涙を溜め込みます。現役軽音楽部部員として最後の「甲子園」はまだ終わったわけでは無いので。そしてまだ「ベストサポーター校賞」をとったわけではないので。グランプリへの「チケット」を掴むチャンスはまだあります。演奏メンバーには変に負担をかけてしまいますが、僕ら現軽音楽部員総勢25人近くを来たるグランプリ大会の会場の舞洲アリーナに「見学者」としてではなくて、「応援団」として連れっててもらうよう、僕ら応援団は全力でサポートします。最後の最後まで応援団として演奏メンバーを応援します。去年のようには絶対させないためにも、そして準決勝で落ち着いて楽しんで演奏してきてもらうためにも「彼ら」のやることがスムーズできる環境も整えます。
・あと7日
あと7日で学校が始まってしまいますが、半分近く夏休みの課題が貯まってるのでこの休み期間中に急いで終わらします。

Re: 8月14日(月)?「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - たこやき

2017/08/16 (Wed) 22:29:35

・この夏
この夏全員で1つになれたこと、応援団として19点という大きい結果を残せたことは本当に良かったと思います。今回初めて去年以上にここまでのやりきったぞという感情がでてきました。あのステージの始まるという雰囲気、実際始まった時の盛り上がり印象に残っています。でも重要なのはこれからどうしていくかということだと思うので、この夏の反省を活かしてこれから更に勢いをつけるために自分のできなかったことと睨み合って過ごします。自分は考えて仕切ることが本当にヘタクソなので急に話すのではなくしっかり考えてからの発言を普段友達と話す時からしていきます。まだ夏が終わった訳では無いので準決勝までサポートもします。

Re: 8月14日(月)?「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - マル

2017/08/16 (Wed) 22:34:03

・応援
心の底から楽しめました。とにかく今までやってきた事を全て出し切れました。結果としてベストサポーター校賞には惜しくも届きませんでした。ですが、最初こそまとまりがなかったものの、日々の練習をこなして行く中で「応援団としてスニーカーメンバーを全力でサポートしたい」という気持ちの合致が生まれ、本番では今まで以上に団結力を発揮できたというこのプロセスこそが何よりも意味があり、大切な事だと思うので悔いはありません。かといって悔しさはぬぐえません。この悔しさを晴らすためにはなんとしてでも準決勝で上位を勝ち取り、グランプリ大会へ進んでもらう必要があります。練習期間は2日間と僅かですが、改善点の指摘など自分がサポートできることは全て行い、必ずグランプリ大会に連れて行ってもらいます。連れて行ってもらった暁には必ずベストサポーター校賞をとってみせます。

Re: 8月14日(月)
「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目 - だまつ

2017/08/16 (Wed) 22:35:14

・チャンス
まだ会場を飲み込む力が足りませんでした。本番前、緊張で手が震えていました。ですが準決勝では、絶対にその震えは無くなります、なぜなら、今この記事を書きながら、自分はとても燃えているからです。舞台から見えた応援団の必死な応援、ミスをしてしまった時の感触、結果発表の時の客席からの眺め、色んなことが頭に染み付いて離れず、「このままで終われるわけがない」と自分の胸を熱くさせます。予選会では、自分たちは負けました、ですが、まだチャンスはあります。もっと自分たちは前に進めます。必ず勝ちます。
・課題
自分たちが本当にお世話になっている某三木楽器スタッフさんから、「今はそれぞれの個性を机上に並べただけで、まとまっていない」と言われました。マルからも、「もっと合わせるところは合わせた方が良い」と言われました。
自分たちで歌詞解釈をし、この歌の、自分たちの最も伝えたい部分はどこか、目立たせたい部分はどこかを話し合い、その部分に込める気持ちを全員で合わせれば、もっとまとまりが出るのではないかと思います。まずは、「星空のディスタンス」の歌詞を一文字ずつ噛み締めて読み、自分なりの解釈をします、それをメンバーで持ち寄って、話し合い、自分たちのものにします。
緊張のせいか、フレーズのミスが多くありました。どんな状況でもフレーズのミスをしないように、徹底的に体にフレーズを叩き込みます。移動時間など、少しの空き時間に、クリックを聞きながら本番の舞台を思い浮かべて、イメージトレーニングをします。もう絶対に間違えません。
何度でも言います、絶対に勝ちます。これまで以上に勝つことにこだわって、準決勝を自分たちのものにして見せます!

8月14日(月) - A.K

2017/08/13 (Sun) 23:56:35

高1、高2参加者全員
題名:8月14日(月)
「We are Sneaker Ages 2017」予選会第3日目
(書き切れない場合はこちらで修正します)
締め切り:8月16日(水)23:00


8月13日(日) - けちゃ

2017/08/13 (Sun) 19:55:22

*楽しむ
予選会2日目の結果を見て「やっぱ楽しんだもん勝ちや」と改めて強く思いました。自分を抑えてまで揃えることが青春じゃなく、自分がどれだけ心の底から楽しめているかという事こそが日本一の青春ということをみせつけてやります。出番は最後です。会場が疲れてくる頃かと思いますが、その疲れを吹っ飛ばして会場、Ustreamで見て下さっている世界中の方々に私達らしいカラーに染めます。どれだけ自分達のカラーに染められるかが総合力に入るのではと考えています。他の高校では絶対にやらないだろうということを私達がやります。全身全霊で「音楽」を楽しみます。

*感謝
何回も繰り返すようですが、本当に沢山の方々に支えて頂いています。何故こんなに支えてくださっているのかは自分ではわかりません。でもきっと私達に何かを感じているから応援したいと思ってくれてると信じ、その応援して頂いている気持ちを必ず無駄にはしません。応援団もサプライズでみんなのメッセージをくれたり、急な演奏の変更にも迅速に対応してくれたり、大変な思いも沢山させました。それでもずっと頑張って来てくれて本当に嬉しいです。明日(8月14日(月))は本番です。優秀校賞とベストサポーター校賞を必ず学校へ持ち帰ります。
I can do it! We can do it!

Re: 8月13日(日) - Yama

2017/08/13 (Sun) 22:16:59

・本番
今日の練習がこの夏休み中で1番楽しく、いい意味で1番疲れました。しかしここで満足してはいけません。本番は明日です。明日14日は今まで積み重ねてきたものや自分の中の出せる限りの力を全て出し切り最後を飾るに相応しい演奏をします。そしてメンバーや応援団はもちろん、敵となる他校さん、スタッフさんや保護者の方など会場にいる全ての人に楽しんでもらいます。出番は最後で応援団は疲れているかもしれませんがその疲れを吹き飛ばし目が惹きつけられるぐらい個性や自分達らしさを思いっきり出していきます。

・感謝
色んな人に沢山のアドバイスを頂いたり応援団からもメッセージを貰ったり沢山の人に支えられて本番を迎えることができます。その感謝の気持ちを忘れず明日は家から1歩出た瞬間からWe are Sneaker Agesは始まっていると気を引き締めます。今まで支えてくれた人に恩返しをします。絶対にグランプリを勝ち取ります!!
I can do it! We can do it!!

Re: 8月13日(日) - しそ豆腐

2017/08/13 (Sun) 22:42:29

・明日
とうとう明日が本番というのがまだいまいち実感できません。緊張しているようなわくわくしているようなとても不思議な感覚です。スニーカーメンバーに選ばれて練習を始めたのが11月で、それから9ヶ月、必死に練習して正直苦しい事の方が多かったです。それでも楽しかったし、選ばれて良かったと思うし、去年、「来年は自分が立つ」と決めたステージに立って演奏出来ることに本当に感謝しています。明日は今まで練習してきた成果を全部全力で出してきます。今まで支えてきていただいた方々や、なにより応援団への感謝の気持ちを持って、私達7人らしい演奏で皆さんに笑顔と感動を届けます。絶対に勝ちます!
I can do it! We can do it!

Re: 8月13日(日) - 夏みかん

2017/08/13 (Sun) 22:49:07

いよいよ明日(8月14日)です。今までやってきたこと、思ってきたことに無駄は無いはずです。
振りを間違えることに不安になるのではなく、大きな会場で、その瞬間しか味わえない応援の一つ一つを大切に気持ちを込めて応援します。
1年生にとっては初めてのWe are Sneaker Ages、2年生にとっては現役として最後のWe are Sneaker Ages、悔いのないよう全力で取り組み、私たちらしい応援を会場全体に見せつけます。

Re: 8月13日(日) - 赤いくま

2017/08/13 (Sun) 22:57:15

・We Are Sneaker Ages!
今までの夏休みで1番汗をかき1番楽しんだ夏休みだったと思いました。辛いことも沢山ありました。明日(8月14日(月))の本番は最後まで気を緩めず今までの練習の成果を存分に出し、全力で楽しみます。応援団や他校の方、スタッフの方々に楽しんでもらえるように個性や自分らしさを大切にして会場の隅々まで啓光カラーに染めます。
・感謝
メンバーのみんな、最後の1日までみてくださったA.K先生、この1ヶ月全力で支えてくれた応援団のみんな、アドバイスを頂いたたくさんの方、朝いつも送り出してくれる家族、全ての方々に感謝を忘れません。本番で支えて下さった全ての方々に恩返しを出来るように全力で演奏します!
I can do it! We can do it!

Re: 8月13日(日) - ドナルド

2017/08/13 (Sun) 22:58:04

・本番
ついに明日は本番です。応援練習を始めて約1ヶ月という本当に短い期間でしたが、できることは大体できたのではないかと思います。しかし、やはりもう少し時間が欲しかったとかなり感じました。今日の私のスピーチでも言ったように、基準に合わせることもとても大事ですが、本当に大事なのは「心から楽しんで応援すること」、「どの高校も同じくらいの気持ちで応援すること」です。そのことをみんなが忘れないように、応援が始まる前のミーティングの時に再確認します。
今日までのように学校で応援練習は今後できません。スニーカーのメンバーと応援団が心を通じ合わせて、最後まで全力で応援をやりきります。絶対にベストサポーター校賞を獲ってきます!

8月13日(日) - いちごミルク

2017/08/13 (Sun) 21:35:00

○スニーカー予選会
ついに明日(8/14)は予選会です。スピーチでも言った通り、最初はコーラスもキーボードも出来ず、悔しくて、辛くて、自分が嫌になっていました。しかしそんな時、けちゃ先輩、しそ先輩、Yama先輩、赤いくま先輩、だまつ先輩、ほくほく、応援団のみんな、全員に助けられました。沢山の人に応援してもらいました。今日やるべきことは寝ることです。緊張して失敗なんて絶対にしたくありません。しません。スニーカーメンバー、応援団を信じ、いつも通り明るく楽しい演奏をします。眩しいくらいの笑顔を世界中に送ります。沢山の感謝を胸に、明日は演奏をします。常翔啓光、軽音楽部皆んなで頑張れば怖いものなんてありません。絶対グランプリに行きます。

Re: 8月13日(日) - ほくほく

2017/08/13 (Sun) 22:23:14

・日本一の青春
今日の一分間スピーチでのいちごミルクの話を聞き、私もSAに入ったばかり頃の事を思い出しました。入ったばかりの頃はとにかく先輩方についていくのに必死で、徹夜で練習していた事や、たくさん努力をした事を思い出しました。その今までの努力がここまで私を大きく成長させてくれたのだと感じます。応援団に支えられて、常翔啓光学園の軽音楽部の一員として舞台に立てることを誇らしく思います。明日(8月14日)の予選会の演奏のために今まで頑張ってきました。その努力を必ず無駄になんてしません。明日は必ず勝ちます。大好きなメンバーとともに思いを一つにして演奏にぶつけます。全力で楽しみながら、最高の演奏を会場の皆さんにお届けします。

Re: 8月13日(日) - トマト

2017/08/13 (Sun) 22:32:08

(応援練習)
私は一昨日 昨日 今日の3日間休んでしまいました。ですが、この3日間の中でも色んな練習が出来ました。暇があれば規定曲、自由曲の6曲を何回もきいて細かいリズムにものれるようになりました。夜寝る前にはペンライトを持ってyotubeをみて合わせたり、動画をとって自分自身の振りをみて確認をしたりしました。前よりかは振りのミスは減りましたがたまにすごく基本的な振りやリズムを忘れたりして間違えてしまったりしているので凄く焦りがでてきて、不安で仕方ありません。でも失敗を恐れていても何も変わりません。なので自分が今まで仲間と共に頑張ってきたのを信じ、明日に向けて出来ることをします。
ドナルド先輩、夏みかん先輩、なまくりーむ先輩が今まで一生懸命考えてくれた振りやその振りの注意点を振り返り、
応援することの意味をちゃんと考えてペンライトを精一杯振ります。

演奏メンバー、他校さんに
このエールがしっかり伝わるように今までよりももっといい笑顔で応援します。絶対にベストサポーター校賞をとりにいきます。

Re: 8月13日(日) - ポンコツ

2017/08/13 (Sun) 22:35:16

○応援練習
今日は、最後の練習ということで、いつもそうですが、更に気合いが入った状態で集中することが出来ました。多少のミスはありましたが、とにかくやり切りました。合わせ練習では、生演奏で合わせるのが、本当に楽しく、しっかり基準を見つつ、高さやタイミングを合わせながら、全力で応援しました。応援が、どれだけ楽しいかを改めて感じることが出来た1日でした。今日、この日まで、応援団の重要性を教えてくれた、ドナルド先輩、なまくりーむ先輩、夏みかん先輩、ゆうゆう先生に感謝します。そして、いつも全力で演奏し、元気を与えてくれた演奏メンバーにも感謝します。演奏メンバーから元気を貰った分、応援団も演奏メンバーに笑顔と元気を倍にして届けます。それから、演奏メンバーだけでなく、全ての人を感動させる応援をします。

○思ったこと
応援団の練習の時に、ふと、ある人物の言葉が浮かんで来ました。それは、中学の時の担任の先生の言葉でした。「一生懸命にやってきたことが、報われないはずが無い。」 この言葉は、私が中学三年生で受験勉強に苦しんでいた時に、先生が言ってくれました。受験勉強で、ろくに睡眠がとれておらず、授業中もよくうたた寝してしまっていた私に、先生は毎日、昼休みなどに時間を費やして、相談に乗ってくれました。その言葉が無ければ、あるいは、その先生がいなければ、私はずっと苦しんでいたかもしれません。本当に感謝しています。その言葉を胸に、本番の明日に挑みます。

8月13日(日) - たこやき

2017/08/13 (Sun) 22:30:30

・この1ヶ月
この一ヶ月の間で少しでも変わったと思っています。部員全員が明日の2つの目標に方向を一致させられているように感じます。この夏でできたことできなかったこと様々あると思いますが、自分のこれからの目標としては自分はまだミーティングなどを積極的に進めていけていないのでそれがこの夏後の目標です。この一ヶ月の間の自主性を保って積極性を大切にします。
・明日
明日はこの夏一番最高の出来で積み上げて来たもの全てを全開で全員で応援はベストサポーター校賞、演奏はグランプリ二つの目標に向けて全てをだしきりましょう!帰りにしわくちゃになったたこやきになってるくらいの勢いで1日やりきります!

8月13日(日) - IB

2017/08/13 (Sun) 21:32:49

・応援
最後の練習でしたが、最後に相応しい練習が出来ました。気持ちもミスも、明日に繋がる練習でした。合わせ練習では、ゆうゆう先生やるんばと一緒に思い切り頭を振りつつペンライトもしっかり基準に合わせて振りました。練習を始めたばかりのころは頭を振ったり、身体を曲に合わせて動かしたりするとペンライトが曲と周りの人と噛み合わず、ずれてしまっていましたが、1ヶ月経ち、気付くと、知らない間に頭を振りながら基準を見られるようになっていました。継続は力だと、この1ヶ月の応援練習で再認識しました。明日は身につけたことを全て出し切り、演奏メンバーに全てをぶつけます。
・感じたこと
今日の1分間スピーチで、「背負うモノ」の話をしました。しかし、時間がなかったこともあり、自分の考えていた事の10%も伝えられませんでした。「期待を背負う」なんて当たり前だ、と言われるかもしれません。しかし、人の期待を背負うというのは、本当に重たいものです。自分は、習い事で試合に出る時、緊張とプレッシャーを合わせたような感覚から、鼓動がとても激しくなります。しかし僕にとって、その感覚はただの緊張ではありません。緊張やプレッシャーを遥かに上回る、「高揚感」そして、「自信」が心を覆うからです。この「自信」とは、「試合に勝てる自信」ではありません。「この重圧を背負える自信」です。なぜそんなものが湧いてくるのか、それは、今まで背負ったことがあるからです。幾度となく大きな大会に出場し、そのつど、先生、友達、家族、親戚、ご近所さん、学校の先生などの方々からの期待を乗り越えて、結果を掴んだ事実という自分の中で絶対に動かないものがあるからです。これはスポーツだけに言えることではありません。「期待を背負う」とは、「勝てたらいいな」でもなく、「絶対に勝つぞ!」でもなく、「必ず結果を出さなければならない」です。結果が全てではありません。しかし、僕の短い人生の経験では、期待してくれる人に1番恩返しできることは、「結果」でした。この大前提を忘れず、みんなで気持ちを合わせて、全てをぶちまけて、明日家に帰って来ます。

Re: 8月13日(日) - るんば

2017/08/13 (Sun) 21:41:02

・本番
明日はいよいよ本番です。ぶっちゃけ、1ヶ月くらい前の応援練習を始めた頃は、演奏メンバーだけ頑張れば良いものと認識していました。しかし、ドナルド先輩や夏みかん先輩、なまくりーむ先輩、ゆうゆう先生を始めとし、応援団の重要さが身にしみて分かってきました。応援団の役割は演奏者に「元気、勇気」を届けることです。常翔啓光ならではの元気で、会場を啓光カラーに染めます。ベストサポーター校賞をとる気持ちも大事ですが、それよりも自分達が心の底から思いっきり、本気で楽しみます。
そして、「We are Sneaker Ages」主催の産経新聞社、三木楽器グループを始め、たくさんの人に感謝し、審査員の方や、来賓の方々に「来年もやりたい!」、「感動した!」など嬉しいコメントをもらえるように、マナー、エチケット、挨拶からしっかりとします。全ての人に感動を与えます。

Re: 8月13日(日) - Lennon

2017/08/13 (Sun) 22:15:20

・予選会に向けて
予選会3日目には、奈良育英高等学校や京都光華高等学校などの強豪校が出場されますが、強豪校だからと言って今年も上位にランクインするとは限りません。「これまでの練習の集大成やぁ!」という気持ちをしっかりと持ち、その自信を忘れず、気持ちの面で負けるということは絶対にしません。
明日の大会で最も重要なのは、マナー・礼儀です。この2点が疎かだと演奏、応援をする資格がありません。そのくらい大切なものなので、他校の方々やスタッフの方々には大きな声で気持ちが伝わる挨拶をします。僕は思ったことをすぐ口に出してしまうと言うことが度々ありますが、他校の演奏を批判するようなことを言うのは絶対にマナー違反なので、そういったことは絶対に言いません。加えて、インタビュー中などの気が抜けてしまうような部分も、評価に関わりますので、私語は慎みます。
気の緩みは大きな失敗に繋がります。けちゃ先輩、ゆうゆう先生が仰っていたように、家を出た瞬間から予選会は始まっています。家を出た瞬間からIMPホールを出るまでは絶対に気を抜きません。

8月14日(月) - A.K

2017/08/13 (Sun) 08:05:03

高1、高2参加者全員
題名:8月14日(月)
We are Sneaker Ages 2017
締め切り:8月16日(水)23:00


8月13日(日) - A.K

2017/08/12 (Sat) 23:35:38

高1、高2自由に
題名:8月13日(日)

締め切り:8月13日(日)23:00


8月12日(土) - いちごミルク

2017/08/12 (Sat) 22:42:47

○練習
明日は2時までの練習になるので、あと練習出来る時間は、4時間程しかありません。その4時間で新しいことをするのは厳しいので、今出来る事の全てをもっと完璧に出来るようにします。例えば「ファファミミレレド」の部分が毎回緊張して怖くなってしまうので、もっと上を向きながら弾く練習をします。今日のスピーチでも言ったように、程よい緊張以外は、自分の努力の邪魔にしかなりません。あと4時間しかありませんが、少しでも自信が持てるよう、けちゃ先輩が言っていたように寝ている時間以外はスニーカー予選会のことを考えます。オーケストラヒットから、ベルに音色を変える時、表情意識をしていますが、まだいつもより動きが小さくなっています。音色を変えながらでも、大きくしっかり動きます。けちゃ先輩にチャーチオルガンは音が太く、音の長さなとが分かりやすい。と言われたので、ちゃんと音の長さを守ります。2番Aメロの表情を今日の夜考えます。

○スニーカー予選会
スニーカー予選会を見に行き、沢山気付くことがありました。それを明日皆んなに話し、常翔啓光の軽音楽部らしい、見ていて飽きない演奏をします。

Re: 8月12日(土) - ほくほく

2017/08/12 (Sat) 22:56:19

・感じたこと
SA予選会第一日目を見学させていただいて、たくさんの事を学ぶことができました。ステージが大きいため、体を精一杯動かして演奏できます。とても強気な発言ではありますが、今日の演奏を見て「私ならもっと大きな動きが出来る」と思うところがありました。他にも、規定曲の動きがどこの学校も似ていて、中途半端に合わせている学校ときっちり合わせている学校との差が大きかったです。合わせるからにはきっちり合わせていなければかっこ悪いですし、見ていて「またこれか」と感じてしまいます。私達の演奏は最後なので、飽きられないように個性を強く出していきます。見学をしたからこそ気づいたことがあり、とても有意義な時間を過ごすことができました。

・練習
練習出来る時間は限られています。不安な部分は必ずなくします。「星空のディスタンス」の2番のAメロが変更し、とてもしっとりとしていて綺麗な雰囲気だと感じたので、この部分に合う表情を考えます。悔いが残らないように思ったことはメンバーに全て言い、必ず胸を張って予選会に挑みます。

8月12日(土) - Yama

2017/08/12 (Sat) 21:04:22

・動き
明日は4時間しか練習できません。全員が出せる力を全て出し切っている状態であること前提で動きの確認をし、少しずつ削っていきます。毎回の通しや演奏で出せる力を全て出し1回目より2回目、2回目より3回目の方が動きが大きいとなっているように自分自身の限界を決めつけず追い込んでいきます。

・個性
Ustreamで演奏を見て個性より決められた動きをしている他校さんが多く、「今までの自分はこんな感じやってんな」と思い、言葉は悪いですが「こういう風にはなりたくない」と思いました。個性や自分らしさをガンガンに出していきインパクトを与えます。個性や自分らしさといったイメージが自分の中でしっかりしていないので動画を見直して感じたことを書き出して1日前ですがそれらの中でもできることは全てやります。

Re: 8月12日(土) - ドナルド

2017/08/12 (Sat) 22:56:10

・応援
ついに学校で応援練習ができるのは残り明日だけになりました。明日といっても全く時間はありません。ミスをしている時間は一切ありません。明日の応援練習は時間が限られており、その限られた時間できっと今まで頑張ってきた規定曲の練習しかできないと思います。多分今のみんなは「基準に合わせないと、笑顔で応援しないと」という気持ちでいっぱいなはずです。自校だけでなく、他校も自校を応援するときくらいの気持ちをひとりひとりが持たなければならないと思います。私自身も自校と他校をどのような気持ちで応援するかしっかり考えます。

・スニーカー予選会の見学
応援がしっかりできている高校は、しっかり高さが合っていたり、タイミングも合っており、みんな楽しそうに応援していました。しかし、私が「うーん」と思った学校は、1列に5人いるうちの1人の高さが合っていなかったり、顔が死んでいたり、タイミングや振りミスにあり、悪目立ちしていました。常翔啓光学園高校の応援団22人みんながそのようにならないように、今日寝る前に考えて明日、みんなにどのようにしたらいいものを作り出せるか話をします。

・自由曲の振り
今日予選会の見学に行き、14日(月)の他校の自由曲が何かわかりました。今から規定曲の復習を行なった後、YouTube等で他校の自由曲を聴き、どのような振りをするか考えます。

8月12日(土) - ヒカ

2017/08/12 (Sat) 22:56:04

・あと1日
約1ヶ月練習してきた応援もあと1日で本番。でもここで焦ってしまって、応援でミスばかりしてしまったら今までのことは無駄になってしまうので、今まで指摘され続けたことをまとめ、まとめたことを重点的に練習して本番までに必ず完璧以上の応援をできるようにします。当日、みんなと一緒に会場全体を驚かせます。

8月12(土) - IB

2017/08/12 (Sat) 22:16:07

・応援
昼までの短い時間でしたが、その分集中して取り組めました。ミスもほとんどなく、曲にものって応援出来ました。
・SA予選会
初めての経験でしたが、とても盛り上がっていて、それぞれの学校の本気を感じました。自分は主に応援席を見ていましたが、勢いのある応援席で、自分たちは使わないポンポンを使っている学校からも色々な事を学びました。「誰か1人でもやる気のない人がいると全体が悪くみえる」「活気よく、笑顔で応援している学校は演奏とも噛み合っている」などです。特に、誰か1人でも気を抜いていると、腕が1人だけ下がっていたり、顔が怖かったりと、やはり応援は周りの人と心を合わせてするものだと強く再認識しました。また、ペンライトはポンポンよりも一人一人の動きがとても目立つので、ミスは許されないことも感じました。しかし、逆に考えると、ピッタリと合えばとてもキレイに見えるということなので明日、最終確認と共に、みんなで気持ちを合わせます。
・1分間スピーチ
今日の見学で感じたことを伝えたいと強く思いました。なので、明日は言葉をよく選び、自分の感じたことを伝えられるよう熱意を持って話します。

8月12日(土) - A.K

2017/08/11 (Fri) 23:26:07

高1、高2自由に
題名:8月12日(土)

締め切り:8月12日(土)23:00


8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - だまつ

2017/08/11 (Fri) 22:22:29

・収穫
スニーカーの予選まであとわずかというところで貴重な時間を割いてまで来てくださった樟蔭高校さんと西寝屋川高校さんのおかげで、とても貴重な時間を過ごせました。全員で一つになるということをもっと意識します。仲間が奏でている音を聞き、それに寄り添って高め合うように自分の音を奏でれば、自然と一体感が生まれ、聞く人全てに自分たちの伝えたいことを伝えることができます。スナッピーの上げ忘れなど、レベルの低い、それこそ最底辺なミスなどもう絶対にしません。今日8月11日(金祝)他校さんからいただいたアドバイスを全員で振り返り、しっかりと吟味して、さらに上のレベルに進みます。あと2日、最後の1秒までもがき続けてどんどん前進します。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - たこやき

2017/08/11 (Fri) 22:42:54

・準備
今日当日の準備不足は自分達部員全員の責任でした。これだけの人数がいるのでカバーすることは必ずできるはずです。次はスニーカー後の文化祭ライヴです。足りないものを自分から探し1年にも考えさせ全員が助け合える空間を目指します。
・スニーカー
他校の自由曲の応援がボロボロだったのに褒められたのは間違いなくお世辞と感じています。全員が1つになることができれば必ずできるはずです。残りの活動では自分のとなりからお互いに競い合って高め合えるような環境にします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - ヒカ

2017/08/11 (Fri) 22:58:11

・今回得たもの
僕は今まで伝えたい歌詞をどう強調したらいいのかわからなかったのでほかの歌詞と同じような調子で歌い続けていました。そういった点で僕は樟蔭高校の先生が言ってらっしゃった、「強調したい歌詞があるならその歌詞の部分で何かしら他の歌詞で使ってる振り付けとは違う振り付けにしてみたら」と、西寝屋川のボーカルの方に言ってらしゃったことから「なるほど」と思いました。ほんとにためになることばかり吸収できました。次2G1でやるASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ソラニン」で今回得ることができたなかで「これやってみよ」と思ったものを実践します。
・あと2日
練習期間はわずか2日間とSneaker ages予選会が迫ってきました。気を抜かず今まで完璧にできていなかった「走り始めたばかりのキミに」と「星空のディスタンス」の振り付けを応援団みんなで合わせて演奏メンバーに届けることをするためにまず僕は応援を覚えて、上げるタイミングだったり、色を変えるタイミングだったりとそういった点から振り返って、また間違えるのであれば間違える箇所から練習して、自分一人で解決出来なければ、できる人に聞いて間違いを直すことに集中します。

8月11日(金祝)第6回校内ライブ - ゆう

2017/08/11 (Fri) 21:36:49

・校内ライブで得たこと
他校さんの先生が言ってたことで動きのことでギターとベースの動きはシンクロしておいた方がいいということや表情や意志をしっかり見ている人に伝えれるようになることが大事と言っていてこれは自分のバンドにもいかせると思ったのでいかしていきます。

・応援団
「星空のディスタンス」の時にノーミスでいけたのと笑顔は自然な笑顔で楽しめることが出来ました。残り2日で他校さんの先生が言っていたように新しいことはもうできないのでここまでやってきたことを思い出してベストサポーター校賞を取りに行きます。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - いちごミルク

2017/08/11 (Fri) 22:00:20

○校内ライブ
今回はイレギュラーな校内ライブでした。いつもは照明をつけていますが、今回はありませんでした。その分演奏者さん達の表情がしっかり見えて良かったです。とても表情豊かで、悲しい歌詞では悲しい顔を、楽しい歌詞では楽しい顔をしている人がいました。そんな人を見ていると私まで楽しくなって自然にノリノリになっていました。ですが反対に、表情が一定な人や、動きが小さい人が思っている以上に目立っていました。今回の校内ライブで、キーボーディスト3人で動きの大、小がある、と言われました。ほくほくが本当に大きく動いている為、自分の大きく動いてる、では全然追いつけていません。私が舞台で目立つなら、あの人動きが小さいな、ではなく、あの人表情が豊かだな、見ていて楽しいな、と思われたいです。ですので、少しの恥ずかしさも取っ払い、うるさいと思われるくらい大きな動きをします。歌詞の意味を考え、紙芝居くらい表情をコロコロ変えます。スニーカー予選会まであと2日しかありません。日に日に焦りが募ります。スニーカー予選会に近づくたび、自分のミスが目立ってきて、このままでは勝っても負けても絶対に自分が後悔すると思います。今日コーラスの音程ミスがあると指摘を頂きました。最近自分で出来ている、と思い込み「こんな感じ」で歌っていました。この前のBBSに自分でダメだと書いたばかりなのに実行出来ていませんでした。全く意味がありません。もう1度鍵盤で音を取りながら練習をし、明日までに完璧にします。特に「僕はずっと、君とずっと」の部分を念入りに練習します。今日、西寝屋川の先生が「スニーカー予選会でNo.1に、Only.1になって来て下さい」とおっしゃってくれました。No.1になることを目標に今練習をしていますが、私はOnly.1にもなりたいです。その為に、常翔啓光、軽音楽部の明るくて楽しい、そしてちょっと変わっているけど、やる時は真剣な部分を演奏と応援で出して、観客席をも巻き込んで、常翔啓光の軽音楽部を感じて欲しいです。その為に、間奏では、皆んなでアイコンタクトをし、観客席の端っこの人が見ても分かるような、飛びっきりの笑顔で周りを見ます。眉毛をしっかりあげて口を大きく、ミュージカルくらい表情を大きく作ります。

○感謝
今日はスニーカー予選会が近いのにも関わらず、西寝屋川高校さんと、樟蔭高校さんが来てくれました。アドバイスを貰えた事も嬉しかったですが、まず来てくれた事自体に本当に感謝しなければなりません。校内ライブに他校さんが来てくれる事は当たり前ではありません。1度目は来てくれるかもしれませんが、その1度目で啓光生の態度が悪いと、2度目はありません。ですので、毎回の校内ライブで他校さんへの感謝の気持ちをしっかり持ち、他校さんに楽しかったな、と思ってもらえるような校内ライブにします。適当に挨拶をしているのは、相手にすぐに伝わります。心を込めて相手の目を見て、1回1回の挨拶に魂をも込める勢いでしっかりと挨拶をします。

○SA予選会
スニーカー予選会1日目を見に行きます。練習を抜けて見に行くからには、絶対に何らかの情報を得て帰って来ます。常に目を光らせ、メモを取り、有意義な時間にします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - ポンコツ

2017/08/11 (Fri) 22:26:01

○反省
午前のミーティングの一分間スピーチで、応援の内容しか話さず、他校さんの対応については話せなかったせいで、セッティング補助などが、キビキビと動けませんでした。わざわざ、遠いところから来てくれていたのに、他校さんのことをしっかりと考えれていなかった自分を反省します。応援練習にも、付き合っていただいたことを深く感謝します。今後の校内ライブなどでは、当たり前ですが、他校さん優先で、行動を謹んでいきます。

○校内ライブ
2校さんとも、貴重な時間をくれたことに感謝しています。アドバイスの一つ一つが、今後自分たちのバンドでも活かせることが出来る内容で、とても勉強になりました。応援練習では、2校さんの自由曲の振り付けが覚えておらず、ドナルド先輩の方ばかり見ながらしたので、基準に合わず、バラバラになりました。自校の2曲もですが、他の高校さんの曲でも、しっかり適応出来るように練習しておきます。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - すいしょう

2017/08/11 (Fri) 22:29:20

・校内ライブ
他校の方が控え室に入られて1日の流れや、ワックスの注意などを説明しましたが、話す内容をきちんとまとめて話すことができませんでした。そのせいか声がちいさくなったり、目線が下に向いたまま話してしまいました。朝の一分間スピーチなどでも、自分の話したい内容を分かりやすく簡潔にまとめ、自分が何を伝えたいのかを明確にします。セッティング補助では、持ち込みのキーボードのことが分からず運んでから何もしていない状況がたまにありました。必ず仕事があるので細かい所まで周りをしっかり見て走ります。
また、今回他校の先生方の演奏に関するアドバイスをもう一度ノートにまとめ、自分達のバンドでミーティングをし、取り入れていきます。

・応援
もうすぐ、他校の自由曲の練習が始まります。しかし、今日(8月11日)もそうでしたが、アドリブとなると振り付けがワンテンポ遅れてしまいます。当日他校の自由曲でオリジナルやアレンジがあるかもしれません。だからといって当日は「急だったから」などという言い訳は通用しません。どんなアドリブがきても対応できるように頭をフル回転させ、団長に合わせていきます。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - パンのみみ

2017/08/11 (Fri) 22:37:37

・校内ライブ
今回の校内ライブで他校さんの先生方からたくさんのことを学ぶことができました。例えば、曲に合わせてあえて音を小さくしてみたり歌詞にそった曲調にしたりと細かいところの工夫の仕方がわかりました。だから、これから歌を歌っていく中で歌詞に気持ちを込めていきます。聞いている人に何を伝えたいかを考えながら歌います。

・応援
他校さんの自由曲の応援はタイミングがわからないぶんしっかり笑顔ですることを意識しました。しかし、満面な笑みではなかったと思うので悔しいです。だから、何事にも楽しんでタイミングを合わせるだけに意識しないようにします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - グレープフルーツ

2017/08/11 (Fri) 22:48:13

・今日の校内ライヴを通して
他校の先生方やA.K先生のアドバイスで、「ギターの弾き方を変えるなど、音を上げる所、抑える所をつけるといった工夫をする」、「伝えたい歌詞をバンドメンバー全員で表情をつけるなどして強調する」といったアドバイスがありました。これらのことは、演奏をする際の表現力をつけるのに重要なことだと思うので、自分のレギュラーバンドや、1L1で演奏するときもまず曲の中で1番に伝えたい歌詞を見つけ、その部分だけ口を大きく開けて大きく動いたりするなど、演奏に表情をつけます。また、他校の先生が「ギターとベースは動きをシンクロさせた方が良い」と仰っているのを聞いて、たしかに動きをシンクロさせると演奏中、見た目にまとまりが生まれて見ている人の心を動かすことが出来ると感じたので、このこともバンド活動をしていく際活かしていきます。

・応援
本番までの残り2日間、これ以上新しいことをすることはないので、前後左右1列で動きやペンライトの高さが揃っているかを特に注意し、揃っていない部分に気づけばすぐ本人に伝え、1分1秒を大事に過ごします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - CHAOS

2017/08/11 (Fri) 22:52:16

・校内ライブ
今日の校内ライブの他校の対応にあたったのですが 控え室の説明など初めてすることが多くて あたふたしてしまいました。
次からは何を話すべきなのかなどをしっかりまとめて 全体説明に移りたいと思います。

今日、先生方がして頂いたアドバイスは
自分たちのバンドでも生かしていきます。
例えば、歌詞に気持ちを込めるなど、歌詞の意味を考えて お客さんに伝えるように歌っていきます。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライブ - ほくほく

2017/08/11 (Fri) 22:57:23

・校内ライブ
とても密度の濃い時間を過ごすことができました。演奏者の表情から手首の使い方、体の動かし方など細かい部分まで見ることが出来ました。西寝屋川高校、樟蔭高校どちらのキーボーディストさんもとても表情が豊かで、もっと私達も表情を作っていかなければならないと痛感しました。どちらの高校の方も、嬉しい歌詞の時は笑顔で、悲しい歌詞の時は眉毛を下げるなどをされていて、「笑ってたいんだ」で使えると思ったので実行します。「星空のディスタンス」でYama先輩と足の動きが違いすぎるなど細かい部分までアドバイスをいただきました。Yama先輩と私でお互いがどのような動きをしているかをしっかりと理解しておかなければならないと感じたので、今までの動画を見て理解します。2校の方々に書いて頂いたアドバイスシートをまだ全て読めていないため、明日(12日)読むことや、今回頂いたアドバイスを通じて必ずメンバーに伝えたい事がメンバー全員あると思うので話し合い、少しでも演奏を高めていきます。

・感じたこと
本番まで残り僅かだと言うのに、貴重な時間を頂いて校内ライブに参加して頂いた事を、本当に感謝しなければなりません。この校内ライブで得た事を、必ず自分達の物にしていきます。セッティングでは慌ててしまい、時間がかかってしまいました。これからは一つ一つの事を冷静にこなしていきます。そして、挨拶や感謝の言葉を大切に他校さんを第1に考え行動します。

8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - Yama

2017/08/11 (Fri) 21:47:42

・表情
西寝屋川高校のキーボードの方の表情がすごく豊かでした。私は「笑ってたいんだ」の弾いていない所で手を使って歌詞の表現をしていますが手だけに頼らず表情筋も使い更にダンサーになりきります。Aメロはキーボーディスト3人共が弾いていないので3人で何かやれとけちゃに何度も言われているにも関わらずしていなかったので、動画を見直しほくほくといちごミルクがどんな動きをしているのか把握します。個人的にAメロは3人で話し合っている感じにしたいと思っているので明日2人にそれを話し表現の仕方を考えます。

・残り2日
新しいことはする時間がありませんが今までやってきたことを伸ばす時間はあります。残り2日の中でも練習できる10時間をどう使うかで結果は大幅に変わります。大きく動く、顔を殺さない、歌うなどの当たり前のことは出来ている前提で、これらのことをまずは全力でやり切りいらない部分は削っていく時間にします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - けちゃ

2017/08/11 (Fri) 21:48:35

*しっかりする
自分は部長だという自覚が薄れていました。この2日間の私の頼りなさ、曖昧さに皆もイライラしていたに違いありません。もっと部員のことを考えてあげるべきで、「こんなんやったら皆何したらいいかわからんやろな、こうしたら動きやすいかな」など、もっと客観的に見るべきであり、視野をもっと広げます。また、もし私以外が何かを仕切っている際に息詰まっていたり、失敗した場合はたこやきが言っていた通り「ミスを仲間である私たちが補っていく」ことをしていきます。それこそ部活の本来の形であり青春です。軽音楽部の甲子園であるWe are Sneaker Agesで日本一の青春をします。

*考え直して
今更ですが「笑ってたいんだ」のイントロの部分の演出を変えようかと考えています。ストーリー性があまりよく伝わらないので、それよりももっと自分らしさを出した方が私達らしいのではないかと思っています。最初に寝ている演出はきっとかなり強いインパクトになっています。インパクトは必ず外したくないので元気で弾けていて「見ていて楽しい、聴いていて楽しい音楽」を届けます。今まで支えて頂いている方々、応援して頂いている方々に恩返ししつつも新しく見た人の心を掴む演奏をしてみせます。気持ちは誰にも負けません。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - 夏みかん

2017/08/11 (Fri) 22:37:23

・周りを見る
転換時の補助に行く際、ギターの周りに人が多いにも関わらず、「補助をしないと」という気持ちが大きく余計に補助の邪魔をしていることになりました。普段のライヴの時に「PAの周りに人が集まりすぎ」と注意されているのと同じことです。周りをよく見て、必要な時に行動するようにします。
・笑顔
最後に他校の自由曲に合わせて応援をしているときに、演奏者が応援団の方を笑顔で向いてくれることが何回かありました。笑顔を向けられるとつられて笑顔になりました。演奏者から応援団を笑顔にさせることができるならば、応援団が演奏者を笑顔にすることもできます。笑顔でやれと言われたからやるのではなく、笑顔にさせたいから笑顔でやるということを意識します。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - なまくりーむ

2017/08/11 (Fri) 22:40:23

・他校の対応
他校さんに来て頂いていることにもっと感謝します。朝、A.K先生やゆうゆう先生が仰っていたようにその事を全然意識できていません。もっと普段から今ある環境に感謝します。そして、他校さんに支えられているんだという事にも感謝します。自分のことばかり優先するのではなく、周りに目を向けて周りのために動きます。
・その他
るんばが分からないながらも自分なりの言葉で今日の流れの説明をしていました。完璧とは言えませんでしたが、自分でやろうとすることで必ず成長します。私も初心に戻って分からなくても「どうしたらいいのか」と聞くのではなく、まずは行動に移します。そして、失敗してもそこから成長していきます。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - ヤングオイスター

2017/08/11 (Fri) 22:54:09

・ライヴ
行動に移ってから準備の不十分さに気付くのでは、遅すぎます。校内ライヴで他校の対応など、流れを確認し、セッティングや椅子の配置など準備をしてから行動します。
・演奏
「フレーズの頭を揃える」「動きを統一させる」「ペダルを出したい音の雰囲気によって使うかを決める」など、アドバイス前と後の演奏を見た事で、実際にそのアドバイスの効果が分かり「意識1つ変えるだけでこんなに違うのか」と思い、面白かったです。また、それらのアドバイスは自分達にも言える事なので、書いたメモを読み返し、応用させます。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - しそ豆腐

2017/08/11 (Fri) 22:54:40

・演奏
今日来て下さった西寝屋川高校と樟蔭高校のベースの方の弾き方が私より丁寧で、自分が如何に雑に弾いているのかよくわかりました。特に自分がよくミスをする・音が切れてしまう「雑に弾いている」部分を重点的に練習し、動いていてもしっかり弾けるように練習します。具体的には「笑ってたいんだ」のサビの直前、サビやアウトロで何回か出てくるフレーズ、「星空のディスタンス」の真ん中のギターソロ、転調後の長いギターとのユニゾン、アウトロなどです。こういう自分にとっての不安材料を1つでも減らしていけば「間違えたらどうしよう」という気持ちもなくなり堂々と弾けるようになると思います。先生方もおっしゃっていましたが、今更新しい事は出来ないので、今自分が弾いているフレーズを完璧に近づけます。動き・表情はまだまだ足りないのでもっと自分が感じているものをさらけ出して暴れます。「星空のディスタンス」では私が歌詞から感じている絶望感と希望や悲しみなどをもっと表情や動きに出して、特に真ん中のギターソロではもっと狂った動きをします。もう1分1秒も無駄にしません。例えベースが弾けない時間帯や行き帰りの僅かな時間でも、歌のイメージを膨らませたり歌詞の意味を考えたり動きを考える事は出来ます。勝つために、私が出来ることはすべてします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - ドナルド

2017/08/11 (Fri) 22:56:54

・他校の対応
意識しているときは笑顔で対応できていたつもりですが、少しでも気をぬくと笑顔が消えてしまいました。このような態度は他校の人たちに失礼すぎます。私が他校のライヴに行って笑顔で対応されて気持ちよかったのを思い出して、今後はなにがあっても1日中笑顔で対応し、他校の人に嫌な思いを一切させないようにします。

・アドバイス
「私はスニーカーのメンバーではないから」と思ってしまい、他校の人にアドバイスをしたかったのですがほんの少ししかアドバイスをすることができず、後悔しています。このようなアドバイスは他人のためにもなりますが、私のためにもなるはずです。またこのような機会があれば、いくらメンバーとは関係なくてもアドバイスをします。

・予選会まで
予選会まで練習できるのは、明日と明後日の残り2日になりました。今日演奏と応援を合わせ「星空のディスタンス」の時に、これまで何度も練習を行なっていたはずですが、2回も色をうまく変えることができませんでした。完璧に応援をできなかった自分が本当に情けないです。毎回のBBSに書いていますが、必ず毎日欠かさず練習を行います。ミスは一切なしにします。
西寝屋川高校と樟蔭高校の自由曲の振りを考えましたが、センスのかけらもなく、今のままでは予選会当日に自由曲で意味のわからない振りをする自信しかありません。自由曲の練習をする時間を少しは取って、必ず最高のものを作ります。

8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - るんば

2017/08/11 (Fri) 20:26:12

・他校の対応
A.K先生が仰っていたように、全く準備が出来ていなかったので、マイナスからのスタートでした。ですが、笑顔で大きい声で挨拶をし、他校さんを迎えることが出来ました。控え室に案内し、今日の流れを説明しました。不必要な事まで言っていたので、何を伝えるべきなのか考え、経験を積み重ねます。

・感じたこと
スニーカーチームへの応援団からの指摘や、アドバイスが全くありませんでした。「We are Sneaker Ages」は演奏は演奏、応援は応援でやれば良いというものでは無く、部活全体での大会なので、お互い協力して、応援団からもアドバイスを、スニーカーチームからアドバイスをすれば、もっともっと質の高いものが出来上がります。今日の演奏で感じたことはしっかりとスニーカーチームに伝えます。
残り2日間の練習では、新しいことはせずに、ペンライトの角度、幅、高さなど基本的なことをしっかりと意識して、濃い1日1日を過ごします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - Lennon

2017/08/11 (Fri) 21:58:08

・他校の対応
大きな声で挨拶できたと思っていますが、笑顔がまだ足りていません。応援練習の時だけでなく、常に笑顔について意識しておきます。
今日はミーティング不足がとても目立ちました。連絡ミスが発生し、他校の方々に迷惑をかけてしまうことがありました。もっと入念にミーティングをしておくべきでした。次回の校内ライヴではミーティング不足による失敗を無くします。そして、「また常翔啓光学園に行きたい!」と思ってもらえるような対応を心がけます。
・演奏を見て
樟蔭高校の演奏ではGtとBaがシンクロした動きをしていました。とてもかっこよく、感激しました。また、フロントの演奏者がシンクロした動きをすることにより、全体の動きが締まって見えました。今後の演奏に活かします。
もう一つ、全員で合わせてしゃがむという動きがありました。去年の自校の演奏でもありましたが、心の底からかっこいいと思いました。1G1や1Bの演奏で挑戦してみます。そして、会場の空気を作れるような演奏をします。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - IB

2017/08/11 (Fri) 22:22:08

・他校の対応
朝の1分間スピーチの時に、A.K先生が仰っていた通り、朝の時点で、自分達の応援の事ばかりで、「他校さんが来る」という意識が薄かったです。SA直前で、焦っているのもありましたが、直前だからこそ、他校さんに来て頂けるのはありがたいことだと再認識して、これからの校内ライヴなどでは、他校さん優先の考え方で臨めるようにします。
・応援
やはり、他校の自由曲でつまってしまいました。本番も知らない曲が来たら全て団長のアドリブに付いていかなければいけないので、もっとよく団長を見て、基準のるんばに合わせて、ペンライトを振ります。

Re: 8月11日(金祝)第6回校内ライヴ - 96猫

2017/08/11 (Fri) 22:25:24

・他校の対応
大声で挨拶して迎えることが出来ました。スニーカー前日の貴重な日を割いて来てくださっていることを意識して行動しました。セッティング補助のときはベースだけしかできませんでした。ベースの補助はすぐ終わるので他の所も手伝おうとしましたがギターやキーボードのセッティングの仕方が分からずあまり動けませんでした。セッティングについて勉強しようと思います。また、知識がなくてもキーボードやエフェクターボードを運ぶぐらいなら誰でもできるので率先して行います。

8月11日(金祝) - A.K

2017/08/10 (Thu) 23:01:12

高1、高2出席者全員
題名:8月11日(金祝)第6回校内ライヴ

締め切り:8月11日(金祝)23:00

(iPadで記入する人
あればミーティングで連絡してください)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.